ダヴ・キャメロン、もしも女優になっていなかったら○○になっていた!? ダヴの意外な“夢”が明らかに

ダヴ・キャメロン


女優・歌手として大活躍中のダヴ・キャメロン。ここ日本でも人気がうなぎ登りの彼女だが、もしも女優になっていなかったら、どんな職業に就いていた? 米J-14.comに対し、意外な夢を明かしている。

米ディズニー・チャンネルのドラマ「うわさのツインズ リブとマディ」で一人二役を演じ、ティーンから絶大な支持を得たダヴ・キャメロン。その後、同局のTV映画シリーズ「ディセンダント」で主演、つい先日には米ABCの人気ドラマ「エージェント・オブ・シールド」への出演が決まるなど、女優として目覚ましい活躍を見せている。

そんなダヴは米J-14.comの取材の中で、女優になる前は“社長”になることが夢だったと発言。その理由を述べている。

「たとえわずかな時間でも社長になって、『いいえ、これは好きじゃないわ』みたいなことを言ったり、全ての承認を行ってみたり、品質管理みたいなことをしたいの。そういうのって超楽しそうだわ。いずれにせよ、私はずっとそういったことをしたいと思っていたのよ」

ディズニー・チャンネル・スターになっていなかったら、バリバリのキャリアウーマンとして頭角を現わしていたかも・・?

ダヴ・キャメロン、マーベルの人気ドラマに出演へ! 「ずっとみんなに知らせたいって思っていたの」[動画]

2017.11.29

ダヴ・キャメロン、ディズニー・チャンネルから卒業宣言! 女優としての今後の展望を明かす

2017.11.28

女優ダヴ・キャメロン、自身の暗い過去について告白 「クレイジーな子ども時代だったわ」

2017.07.13

ダヴ・キャメロン、「ディセンダント」をクビになると思っていた!? 理由は〇〇〇ができないから・・?

2017.06.14