サブリナ・カーペンター初来日インタビュー! 「とっても美しい国」「再来日が待ちきれない!」と早くも日本に夢中[その1]


歌手/女優のサブリナ・カーペンター(17)が、音楽フェス「POPSPRING」出演のため、初来日。ショー直前のバックステージにて、単独インタビューを行った。

サブリナは1999年生まれの現在17歳。米ディズニー・チャンネル放送の海外ドラマ「ガール・ミーツ・ワールド」のマヤ役でよく知られている。歌手としても活動しており、2015年にデビュー作「Eyes Wide Open」をリリース。続いて昨年10月にセカンドアルバム「EVOLution」を発売し、今回、満を持しての初来日となった。

インタビューの場に現れたサブリナは、「ミンナ元気デスカ?」とカメラに日本語で声をかけたり、「“パーフェクト”って日本語でなんて言うの? カンペキ? カンペキ!」と教わったりと、かなりリラックスした様子。元気いっぱいな彼女に、女優・歌手としてのキャリアから、初来日の感想まで、たくさん語ってもらった。

■今回が初来日ですが、日本に来てみていかがですか?

サブリナ: そう、これが初めてなの! とても美しい国ね。だけど人々はもっと美しい! 日本に来られたことにすごくワクワクしていて、もう再来日が待ちきれないの。あっという間すぎるわ!

――空港で日本のファンと会われたそうですね

サブリナ: そうなの! 何人かのファンが待っていてくれたの。長い時間はいられなかったから、ごめん、ごめんねー!って気持ちだったわ。今日のPOPSPRINGのステージで、みんなとまた会えるといいな。

Arigato Japan!!!!! I can't wait to come back✨✨

A post shared by Sabrina Carpenter (@sabrinacarpenter) on


■もうPOP SPRINGでのステージが、目前に迫っています。意気込みは?

サブリナ: すごくエキサイトしてる! クールなアクトがたくさん観られるはず。いろいろな種類のアクトが一か所に集結するところが、POPSPRINGのいいところね。私自身もその一部になれることを光栄に思うわ。なんていったって、これが日本での最初のショーだしね。私のことを知らないお客さんもたくさんいるだろうから、自己紹介としてもいい機会になると思う。楽しいものにしたいわ!

――ファンにはどんなところに注目してもらいたいでしょう?)

サブリナ: ハピネス(幸せ)とジョイ(喜び)! それからみんなが一緒に歌ってくれるといいなぁ。みんなが元気になれて、楽しめるショーにしたい。気に入ってくれたら最高ね。音楽でみんなをひとつにしたい。

TOKYO🇯🇵♡ you were a brilliant crowd! see you later Kobe!

A post shared by Sabrina Carpenter (@sabrinacarpenter) on

Aishi Teru Kobe! I'll be back soon i promise❤

A post shared by Sabrina Carpenter (@sabrinacarpenter) on

――先ほどもちょこっと聞かせてくれましたが、日本語での呼びかけも考えているんでしょうか?

サブリナ: “a little”って何て言えばいいの? (教わって)「スコシ」!(笑)

■歌手活動に先駆け、2011年に女優としてキャリアをスタート。元々歌手になりたいという願望はあったのでしょうか?

サブリナ: 女優として活動をはじめる前に、歌の活動をはじめていたの。カバー動画をYouTubeにアップしていたし、レーベルと契約したのも12歳のときよ。ドラマに出はじめたのが13歳のころだから、(歌手も女優も)だいたい同じ時期にスタートしたの。幼いころにね。

アルバムの準備を始めたのも13歳のときだったけど、残念なことに、音楽にはより大人にならなきゃ真剣に受け取ってもらえないって傾向がある。16歳、17歳、今年で18歳になるけど、それまで待つ方が私の声は輝くって信じるしかなかった。うまくいったことを幸運に思うわ。

■最新作「EVOLution」は、どのような作品になっていますか?

サブリナ: 「EVOLution」はポップアルバムだけど、さまざまな曲や、音楽の要素が詰まっているの。デビュー作とはかなり違っていて、よりアコースティックなものになっているわ。私自身が好きな音楽や、自分の声で聞いてみたいという曲ばかり。「成長」がキーになっていて、変化が見られるわ。

――本作は世界28の国と地域のiTunesでトップ10入りを果たしましたが、このときの感想は覚えていますか?

サブリナ: (顔をしかめて)クレイジー! すごく変な気分よ。でもそれだけ世界的だってことはクールね。たったひとりではなくて、国境を越えてたくさんの人々に届いたってことで、みんなが共感してくれたってことだから。好調なのはうれしいわ。もっと音楽を作りたいって思う!

(その2につづく↓↓↓)

サブリナ・カーペンター初来日インタビュー! 「ガール・ミーツ・ワールド」の続編を作るなら誰を主人公にしたい?[その2]

2017.04.06

 

【リリース情報】

Evolution

1. On Purpose
2. Feels Like Loneliness
3. Thumbs
4. No Words
5. Run and Hide
6. Mirage
7. Don’t Want It Back
8. Shadows
9. Space
10. All We Have Is Love

公式サイト: http://www.universal-music.co.jp/sabrina-carpenter/

【ショート・バイオ】
1999年5月11日生まれ、ペンシルヴァニア州出身のシンガー、女優。
2011年にNBCのドラマ”Law & Order: Special Victims Unit”で役者としたてキャリアをスタート。 2014年(日本では2015年)からディズニー・チャンネルの人気ドラマ、『ガール・ミーツ・ワールド』で主人公の親友マヤ役にキャスティングされ一躍注目を集める。
そして2015年、Hollywood Recordsからデビュー・アルバム『Eyes Wide Open』をリリース。Radio Disney Music Awards 2015ではシングル曲「Can’t Blame a Girl For Trying」が最優秀片思い曲(Best Crush Song)を獲得した。