ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作「ゾンビーズ」アディソン役のメグ・ドネリー電話インタビュー! 「きっとゾンビに恋しちゃうと思うわ」

ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作「ゾンビーズ」は、ゾンビと人間の女の子が主人公の、新世代に向けた青春ミュージカル映画。

今年2月に全米で放送され、初回放送を114万人が視聴するという記録を獲得。さらに、6~11歳のキッズ&ガールズで、752,000人の視聴者を獲得し、2017年7月放送(全米)の「ディセンダント2」以降ケーブルで放送された作品の中で、No.1のヒットとなった。

日本では2018年5月19日(土)19:30~他で初放送されるが、日本での初放送に先駆け、TVグルーヴはアディソン役メグ・ドネリー(17)に電話インタビューを実施。出演が決まった時の心境や、作品について、またプライベートのことまで余すとこなく語ってもらった。また親日家としても知られるメグは、インタビュー中にもたくさんの日本語も披露してくれた。

メグ・ドネリー

メグ・ドネリー

「ゾンビーズ」メグ・ドネリー インタビュー

――先日「ゾンビーズ」を拝見させていただきました。ストーリーや音楽、ダンスすべてが魅力的で、すごくおもしろかったです。今作でディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー作品に出演が決まった時は、どんな気持ちでしたか?

とても嬉しかったわ。小さな時からずっとディズニーの映画に出演したいって思っていたの。だから私の出演が決まって、他の素敵な人たちとも共演できて本当にうれしいわ。

――今回あなたの演じるキャラクター「アディソン」とメグ自身なにか共通点はありますか?

そうね。私もアディソンもいろんな人と話すことが好き。でも絶対にアディソンの方が私より勇敢ね。彼女から学ぶことがたくさんあったわ。

――今作では、たくさんの歌とダンスを披露していますね。お気に入りのシーンはありますか?

“あーそうですね”。(日本語で)「Someday」かな。初めてこの曲を聴いたとき、とってもクールだなって思ったの。撮影中もすごく楽しかったし、きっとみんなのお気に入りの曲だと思うわ。

――わたしも「Someday」が一番お気に入りです。では逆に、一番大変だったシーンはありますか?

わー本当?嬉しいわ。えーっと、大変だったのは「Fired Up」ね。この曲の振り付けにはチアリーディングがあるから、たくさん練習をしなければならなかったの。チアリーダーぽくしなきゃいけないから、大変だったわ。

――今作の見どころや伝えたいメッセージはなんですか?

見どころは「自分らしくいる」ということを伝えていることかしら。「自分らしくいること、他のひとを受け入れる」ということはすごく大事なことだと思うわ。

――物語の最初、メグは周りに溶け込むために、自分の本当の髪をウィッグで隠していますよね。けれど、だんだん人と違うことは素晴らしいことだと気付きます。そこで質問なんですが、メグが周りの人と自分は違うなと感じたことはありますか?

ええ、もちろんあるわ!私のユーモアは人と違うなとか、ファッションのセンスが違うとか、たまに感じることがある。でも「ゾンビーズ」を通して、人と違ってもいいって学んだの。前までは、何か人と違うことがあると隠さなきゃって思っていたけど、今は自分らしくいようと思えるようになったわ。

――では、なにか特別な才能とかはありますか?

昔、体操をやってたわ、あとサッカーかな。スポーツは得意じゃないんだけどね。だから、歌ったり演技をすることを始めたの。周りの子たちみたいにスポーツをやろうとしたんだけど、あまりうまくなかったのよね。

――今作は女の子とゾンビのラブストーリーになっていて、ロミオとジュリエットのような素敵なストーリーですよね。周りの反対もあったけれど、恋に落ちてしまったアディソンとゾンビのゼッド。もし本当にゾンビがいて恋をしてしまったら、どうしますか?

わー!うそ!えっと、きっとゾンビに恋しちゃうと思うわ(笑)。そうね、私は周りになにか言われても、気にしないわ。だって好きなんだもの。

――恋といえば、どんな人がタイプですか?

絶対に必要なのは、ユーモアのセンスね。あとは、優しい人、ジェントルマンね。あと“かっこいいです”(日本語で)。

――インスタグラムに、マイロや他の共演者との写真をたくさんアップしていますよね。すごく仲のよさが伝わってきます。彼らと一緒に仕事をしてみていかがでしたか?

最高だったわ!みんな本当にいい人で、撮影を通して私たちみんな家族みたいな感じになったの。“たのしかった!”(日本語で)。

――以前ツイッターに日本語を話している動画をツイートしていましたよね。今も日本語を少し話していたり、すごく上手で驚きました。どうやって日本語を勉強しているのですか?

“わーほんとー”(日本語で)。私には、日本語を教えてくれる個人指導の先生がいて、それで勉強しているの。勉強し始めたきっかけは、私の通っていた学校にEXILEの練習生(※)が留学で来ていたんだけど、彼ら全く英語が話せなかったのよ。だから大変、助けなきゃって思って、私は彼らが英語を勉強するのを手伝ってあげたの。代わりに彼らが私に日本語を教えてくれて、それから勉強し始めたの。けれど、かなりカジュアルな日本語を教えてもらったから、もう少し丁寧な表現を学ぶべきだと思ってちゃんと勉強しはじめたわ。今はもっとうまく話せるようにがんばっているの。

※EXILE TRIBEとエイベックス・グループが手を組んで行われているグローバルアーティスト育成プロジェクト「PROJECT TARO」でNYにいっているJr.EXILEというグループ。

――そうだったんですね!すごい。

“ありがとう”(日本語で)

――以前投稿していた動画の中で、日本に来るっておっしゃっていたのですが、それは本当ですか?

“はい!日本にいきます!”(日本語で)きっと6月に行くわ。ずっと行ってみたいって思っていたから、本当に楽しみなの。日本では…“観光したいです”(日本語で)。東京タワーとか、あと・・・“買い物!あと大阪に行きたいです。たこやき食べたい!”(日本語で)。

――とても楽しみですね。では最後に日本のファンの方にメッセージをお願いします。

“こんにちは!だいすきだよ。ディズニー・チャンネルの「ゾンビーズ」を見てください!ありがとうございます(全て日本語で)”。

(インタビューおわり)

「ゾンビーズ」ストーリー

舞台は郊外の小さな町シーブルック。地域の絆も深いこの町の住民は、何よりも“人と違う”ことを恐れている。ある日、地元シーブルック高校の新学期が前代未聞の幕開けを迎える。なんと壁で隔てられていたゾンビ街の生徒たちが転校してきたのだ。あろうことか、チアリーダーの少女アディソンとゾンビのフットボール選手ゼッドは恋に落ちる。人間社会とゾンビ社会、双方のコミュニティが二人の恋を否定し妨害する中、二人は力を合わせて社会の偏見や価値観を打ち破ろうとする。

「ゾンビーズ」放送情報

ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作「ゾンビーズ」

5月19日(土)19:30~21:30他

ディズニー・チャンネルにて日本初放送
公式サイト disneychannel.jp
©Disney

「ZOMBIES」の主役マイロ・マンハイムの彼女は誰!?

2018.03.16

「ディセンダント2」&「ZOMBIES」のマッシュアップが大好評[動画あり]

2018.03.12

ディズニー・チャンネルの新作TV映画「Zombies」のポスター&新予告編が公開! ゾンビと人間は共存できるのか…?[動画]

2018.01.11

世界一ポップで、踊れるゾンビが誕生!? ディズニー・チャンネルが贈る新作TV映画「Zombies」のティーザー映像が公開[動画]

2017.07.28