人気海外ドラマ「フォスター家の事情」シーズン5で放送終了が決定! あのキャラクターを主人公にしたスピンオフ制作へ

Freeform(旧ABCファミリー)で放送されている人気海外ドラマ「フォスター家の事情(原題:The Fosters)」がシーズン5をもって、放送を終了することがわかった。

ジェニファー・ロペスが製作総指揮を務める「フォスター家の事情」は、警察官のステフ・フォスターとそのパートナーであるリーナ、そしてステフの実子と養子に迎えた子供たちを主軸に、家族の大切さや思春期特有の悩みなどを描いたファミリードラマ。現在全米ではシーズン5が放送されている。

米TV Guideによれば、「フォスター家の事情」はシーズン5で放送を終了することが決定。今夏に放送される3部構成のフィナーレイベントを経て幕を閉じる。

ファンにとって放送終了は悲しいニュースではあるが、その一方でうれしいニュースも。なんと、米Freeformは、キャリー役マイア・ミッチェルとマリアナ役シエラ・ラミレスを主人公にしたスピンオフを制作することを発表した。

Flower sisters🌸

A post shared by Miss Thang (@cierraramirez) on

タイトル未定のスピンオフは、20代となった2人にフィーチャー。フォスター家を離れ、ロサンゼルスで同居しているキャリーとマリアナが自分たちの夢を叶えるために奔走する姿を描くとのこと。秀才のマリアナはテクノロジー関連の仕事を、キャリーは社会活動に従事するという。

セレーナ・ゴメス主演の大ヒットドラマ「ウェイバリー通りのウィザードたち」の知られざる14個の“真実”をご紹介

2017.12.18

マイア・ミッチェル&恋人ルディ・マンキューソの初コラボシングルに盗作疑惑!?

2017.12.14

「ガール・ミーツ・ワールド」のシーズン4制作はナシ! クリエイターがファンに感謝

2017.05.08