映画「ファンタスティック・ビースト」続編の舞台はパリ! フランス語で「マグル」を表すと…?

2018年冬に続編の公開が予定されている映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズ。全5部作になる予定で、それぞれの作品が異なる国を舞台としたものになるようだ。

次に公開される第2作「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の舞台は、フランスのパリ。これに伴って劇中の言語に何か変化はあるのだろうか。JustJared®JRが伝えている。

気になるのは「魔法使いではない人間」のことをフランスではどう呼ぶのかということ。イギリスが舞台の「ハリー・ポッター」シリーズでは「マグル」、アメリカを舞台にした前作では「ノー・マジ」と呼ばれていた。

監督のデイヴィット・イェーツによると、フランスでは「ノン・マジーク」というそう。イェーツ監督はインタビューの中で次のように明かしている。

「(パリの魔法界は)魅惑的でとても美しいところだよ」「パリではマグルと魔法使いが共存しているんだ。魔法使いが隔離されているニューヨークと違ってもっと自由なのさ」

加えて「パリは(「ハリー・ポッター」シリーズの舞台である)イギリスとちょっと似ている。というのも魔法界と人間界の違いがそんなにないから。魔法使いたちに分別があれば、人間界にもはいっていけるのさ」

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は2018年11月16日全米公開。

「ハリポタ」ファンが作った、若き日のヴォルデモート描く映画が完成! YouTubeで無料公開[動画]

2018.01.16

スターバックスで「ハリー・ポッター」ドリンクが楽しめる! 米人気ティーン雑誌が秘密のレシピを紹介[写真]

2018.01.10

米人気ブランドが「ハリー・ポッター」とコラボ! 4寮の制服クラッチバッグが超おしゃれ[写真]

2017.12.11

ポケモンGOの次は「ハリー・ポッター」のARゲーム! 気になるゲームの内容は・・・?

2017.11.09