セレーナ・ゴメス、「ドリトル先生航海記」で動物の声に挑戦へ


米ディズニー・チャンネルの「ウェイバリー通りのウィザードたち」が出世作の人気女優で歌手のセレーナ・ゴメスが、注目の実写映画に声優出演することが明らかになった。

米The Hollywood Reporterによると、セレーナが声優としてキャスティングされたのは、世界中で愛されている児童文学シリーズ「ドリトル先生」が主人公の映画「The Voyage of Doctor Dolittle!(ドリトル先生航海記)」。「動物と会話ができる」ドリトル先生はロバート・ダウニー・Jrが演じることが決定しており、セレーナは動物の声を担当する。

セレーナの他にも、「スパイダーマン  ホームカミング」のトム・ホランドも声優として出演するとのこと。エマ・トンプソン、レイフ・ファインズも声優としてキャスティングされており、マイケル・シーンとアントニオ・バンデラスが出演することも決定している。

セレーナはこれまでにも話題のアニメ映画に声優出演しており、ドクター・スースの「ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ」(2008)などに出演。「モンスター・ホテル」シリーズでは主要キャラクターの声優を担当している。

今年1月に「心身の健康と、食生活の改善のため」2週間のリハビリ入院していたことを明かしたばかりのセレーナ。復縁したジャスティン・ビーバーのサポートもあり、今後、仕事を順調にこなしていくものと見られている。