ダヴ・キャメロンや、ヴァネッサ・ハジェンズら人気セレブが“インスタグラム”にどっぷりハマる理由って? 投稿からわかるインスタ活用術

米Varietyが、インスタグラムがなぜ若いセレブたちの間で人気があるのかを特集した記事を掲載。興味深いと話題を集めている。

若いセレブたちの多くは、Facebook、Twitter、スナップチャットにもアカウントを持つが、最も活用しているSNSはインスタグラムだという事実がある。インスタグラムは、グローバル月間アクティブユーザー数8億を誇る写真/動画共有サイト。昨年追加された24時間で自動的に投稿した写真・動画消えるインスタグラムの「ストーリー」機能は、「ずっと残したくはないけれど、日常的なふとした瞬間をシェアしたい」と感じたときに便利な機能だ。フォローしているアカウントのストーリーはフィード画面の上に表示されるバーに出てくるため、セレーナ・ゴメスら「ストーリー」を上手に活用するセレブのフォロワー数増加の加速に繋がったのではないかと見られている。

2700万人以上のフォロワーを持つヴァネッサ・ハジェンズは最初、インスタグラムに対して否定的な見方を持っていたという。インスタグラムは写真がメインなSNSのため、頻繁に更新をするとしたら日常的な写真を載せることになる。でも「誰も私が髪をセットしているところなんて見たくないだろう」と、日常的な写真を投稿しても意味がないと思っていたというのだ。

しかし、「自分の好きなセレブの日常」こそを見たいと思っているファンは多く、ヴァネッサ・ハジェンズもインスタグラムを通してそのことを知ったそう。そして、「ファンに自分の私生活を見せ、触れてもらうことで互いにリアルに感じあい、ダイレクトに交流できることを知りハマった」という。

Cuore mio @austinbutler

A post shared by Vanessa Hudgens (@vanessahudgens) on

ヴァネッサはまた、自分を含む役者たちが撮影現場のショットをインスタグラムで披露することで「みんなに撮影スタジオをお披露目することで、実際にどんな交流をしているのかを見ることができるようになった」とも語っている。

What's happening?! Watch #POWERLESS tonight to find out! 8:30/7:30c on @nbc ? @nbcpowerless

A post shared by Vanessa Hudgens (@vanessahudgens) on

It's the time! Tune in to watch #GreaseLive on Fox! @gogrease

A post shared by Vanessa Hudgens (@vanessahudgens) on

1500万人以上のフォロワーを持つダヴ・キャメロンは、「Twitterは脳で、インスタグラムは心」と表現。「インスタグラムは私のクリエイティブな能力を刺激してくれる」と力説し、「女優じゃなかっとしても、インスタグラムは主要SNSとして活用していたと思う」と述べた。

その言葉通り、ダヴ・キャメロンのインスタグラムに投稿されている写真はセンスのあるものばかり。来日した際にも、彼女目線で捉えた可愛い日本の写真を投稿し話題に。恋人のトーマス・ドハーティとの愛溢れるキュートな写真も大好評。写真の効果もあり、ファンは2人の交際を受け入れ応援している。

it's fine. i'm just moving to tokyo ??

A post shared by ♡DOVE♡ (@dovecameron) on

ewww

A post shared by ♡DOVE♡ (@dovecameron) on

動画アプリ「Vine」で人気を得たキャメロン・ダラスは、「僕のファンは全てのプラットフォーム(SNS)で交流している」「でも、ファンがコミュニティを築けているのはインスタグラムだと感じているね」と断言。自分とファンが交流できるだけでなく、ファン同士が密に交流できるのもインスタグラムの魅力だという見解を示した。

@justinrcampbell @morgaanp @patriciamoraleshair

A post shared by Cameron Dallas (@camerondallas) on

確かにインスタグラムのコメント欄は他のSNSよりもシンプルで読みやすい。そのためキャメロンの言うようにファン同士のコミュニティを築きやすいのかもしれない。

また、インスタグラムはYouTubeのように広告収入が入る仕組みがない。そのため若者たちは「インスタグラムは人々を繋げフォロワーとの絆を深めるとっておきの場」とも捉えているとのこと。

インスタグラムで多くのフォロワーを持ち影響力を持つ「インスタグラマー」たちは、企業からアプローチを受け「1投稿につきいくら」という報酬を得ている、というケースはある。しかし、そのインスタグラマーが金儲けだけのために投稿を始めた瞬間、フォロワーたちは離れていってしまうそうだ。そのため彼らは「本当に好きなものを、シェアしたいという気持ちを持ち投稿」しなければならなく、工夫が必要だと言う。

現在、Netflixのドラマ「13の理由」に出演しているロス・バトラーは、インスタグラムを仕事の宣伝の場としても活用しているが「本当の自分を見てもらえる場として重宝している」「嫌な奴を演じることが多いからね。インスタグラムは、本当の自分はそうじゃないとわかってもらえる場になる」と説明。

インスタグラムは「何よりも多くのことを伝えてくれる」SNSだとし、「どのSNSよりも人々の心を引きつけ魅力的なもの、投稿することですぐに満足を得ることができる素晴らしいプラットフォーム」だとも絶賛。まさしく多くの若きセレブがロスのように感じ、インスタグラムを積極的に活用しているものと思われる。

The fam fam

A post shared by Ross Butler (@rossbutler) on

円満破局なんてムリ!? ダヴ・キャメロンや、マイリー・サイラスら、元恋人をディスっちゃった人気セレブたち

2017.11.17

2019年にTVドラマ化する「ハイスクール・ミュージカル」にヴァネッサ・ハジェンズは出演する・・? 本人に直撃

2017.11.17

ホットな新カップル、ダヴ・キャメロン&トーマス・ドハーティの全てをご紹介! 2人が恋に落ちた瞬間は? 交際がバレちゃった理由って?

2017.11.13

米ディズニー・チャンネルの劇中カップルたちは実生活でも交際中!? ファンに人気の共演者たちの恋愛事情まとめ

2017.10.30